AmazonのEC2は仮想専用サーバ

オリジナル見出し01

AmazonのEC2は仮想専用サーバです。



まず、仮想空間を自由に使うことができます。



一般的なレンタルサーバーで言えば、専用サーバと同じように管理者権限を取得することができますから、OSのインストールから何から何まで自由に設定することができるのです。
好みのOSをインストールして、好みのソフトウェアを利用することができますから、今まで利用していた環境をそのまま持ち込むこともできるでしょう。

管理者権限を持つことができますから、この点では非常に優れていると考えられます。



それとともに、専用サーバではないと言うことがスピードの向上につながります。



専用サーバーを設置する場合、当然のことながら物理サーバを設置するなどの作業が必要となりますが、AmazonのEC2は仮想専用サーバーですから、利用するためには仮想空間を作れば良いだけです。



実際、サーバインスタンスを作成するために必要な時間は数分です。
AmazonのEC2は仮想専用サーバですから、サーバインスタンスを作るのに時間がかからないというメリットがあります。



デメリットとしては、物理サーバの制約を受けることが挙げられます。



仮想空間内をどれだけ効率化したとしても、物理サーバの処理能力を超えることはできません。



サーバを増やすことで解決できるのなら良いですが、そうではなくて一つのサーバを高速にしたいと言ったときには、物理サーバの制約が大きいというデメリットがあります。

関連リンク

  • タイトル21

    AmazonのEC2は柔軟性に優れています。何らかのシステムを開発した場合、予想に反してトラフィックが増えることがあります。...

  • タイトル22

    クラウドサービスは、インターネットに接続可能なパソコンやスマートフォン、携帯電話等から利用することができます。同じくインターネットに接続しているコンピューターに必要な機能を持ったソフトやサービスを持たせておき、必要な場合に接続して、ブラウザを利用してソフトや機能を使用します。...