自宅や仕事でクラウドサービスを利用する

オリジナル見出し01

クラウドサービスは、インターネットに接続可能なパソコンやスマートフォン、携帯電話等から利用することができます。



同じくインターネットに接続しているコンピューターに必要な機能を持ったソフトやサービスを持たせておき、必要な場合に接続して、ブラウザを利用してソフトや機能を使用します。クラウドサービスでは、様々な便利なソフトや機能があります。
ウェブ上で操作できるメールがあります。

メールソフトを利用者のパソコンに入れなくても、ウェブ上で操作ができます。
容量が少なかったり、処理能力が低いパソコンでも、軽快に動くので使いやすいです。


ファイルを保存できるオンラインストレージのサービスもあります。



必要な文書ファイルや撮りためた写真のファイルをパソコンやスマートフォン、携帯電話に保存したり、DVD等に記録したりするのは限りがあります。



また、ハードディスクを増設するのには、費用がかかります。



クラウドサービスを利用すれば、ウェブ上での操作で必要なファイルを保存できます。


会員登録すれば、無料で大容量の保存ができるのでとても便利です。



スケジュール管理用のサービスもあります。



インターネット上ではセキュリティ面が心配になりますが、利用者側でパスワードを管理し、更新するようにすれば情報の漏洩を防ぐことができます。



複数の利用者でグループを作り、予定を入れることもできます。この機能を会社単位で使えば、会議を計画した場合に、個々の予定を確認した上で日時を決められますし、顧客や取引企業と訪問や面会の約束をする場合でも、本人不在でもスケジュールの確認ができますので、スムーズに日時を決めることができます。



関連リンク